結婚しても退職しない

ブランクがたたって、もとの級に見合った採用試験には及第せず、二つ下の級からの採用になった。「これからは、結婚しても退職しない。疲れたら休職制度を利用して休んで、働き続けないと大損してしまう」と合子は決意した。結太郎と結婚する気になったのは、恋愛中に妊娠したことがひとつ、さらに結婚しても互いに働き続け、財産は別産制でいこうという点で合意できたからだった・生活費や教育費は収入に合わせ比例配分に、育児・家事時間は等分にすることで契約書を取り交わした。万一どちらかの家事時間が長すぎて持ち出しになった場合は、時間の少なかった方がその分を、家事サービス業者の料金に換算した額で支払う。これらの条件については、五年後に協議のうえ見直すことも可能という条項を入れた。役所の窓口で担当者が、契約書の必要事項をひとつひとつ点検する。「書類としては完壁です。双方とも内容に異論はありませんね」担当者が確認のサインをし、二人の結婚手続きは終わった。素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
今夜は、ごく親しい友人や親たちと小さなパーティーを開く。結婚祝い、というより、関係者みんなで、生まれてくる子どものための養育条件を確認し、助け合いのネットワークを組織する会、といった方がいいかもしれない。「この条件で、この先何年、契約が続くかしらね」。二人は顔を見合わせて、にっこり笑った。●結婚のリスクとは?

DY071_L