居心地の良い相手

また、一人暮らしの気楽さを上回る快適さを共同生活でも確保するには、居心地のいい相手で、意思を通じ合えることも重要です。ハンサムや長身は、友人に自慢するためのアクセサリーには最適ですが、日常生活での使い勝手がいいとは限りません。学歴や収入のいい男性も、会社への過剰適応が激しく、雑事をすべて妻に押しつけたりしがちです。その結果、仕事に全力投球できた夫の収入が増えても、妻の取り分が増えるとは限りませんし、夫の会社が倒産すれば、元も子もありません。昔、男たちは「美人は三日で飽きる、不美人は三日で慣れる」といって遠見より居心地の良い女性と連れ添うことを奨励しました。女もその知恵を学び、身近な「居心地のいい男」をさがしましょう。結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。もちろん3Cで三高なら、それはそれで結構なことです。結婚したら家事と仕事を「両立」しなければ、という言葉は、これまで何人の女性を苦しめてきたでしょう。「両立」は二つの異なる分野に片足ずつかけて、めいっぱい頑張るやり方です。一方「マネジメント」は、どちらも同じ平面の仕事ととらえ、それを上手に効率的に組み合わせて運営するという管理職の発想です。両立という発想では、一人で抱え込んでへとへとになるだけですが、マネジメントととらえれば、家事の分量を割り出して家族に分配し、早く、少ない労力ですませるという発想が出てきます。マネジメントのためには、スケジュール管理が第一歩です。

DY051_L