どうしても結婚したい

3Cではないがどうしても結婚したい(またはしてしまった)という場合もあるでしょう。その際には、夫の協力なしで家事や育児をこなすために、役立つものを総動員しましょう。家事代行会社、ベビーシッター、親、保育園など、助けになるものはすべてリストアップします。これらの組み合わせ方で、いくらかかるかを試算して、収入に見合ったパターンをつくってみましょう。3Cでない夫に「手伝ってくれない」とイライラをぶつけても、消耗するだけです。3Cでないなら離婚の可能性も高いですから、仕事はやめてはいけません。離婚後に困るのは目に見えています。3Cでない夫を持った人が仕事を続けることは大変ですが、人生の勉強料とでも思って、頑張るしかありません。ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。最初の熱が冷めるのを待って、離婚を含めた次の人生の準備を始めましょう。「ウーン、今日は生きのいい一人用切り身がいっぱい出てるな」。仕事帰り、フリーランサーの独子は、商店街の魚屋の店先をのぞいた。八○年代ごろから商店街の衰退が話題になったが、最近では、その後にひと工夫で生き残った優良商店街が人気だ。この魚屋は、インターネットにホームページをつくり、「本日の売れ筋魚」を広告している。そこには、必ず「本日のシングル世帯お勧め魚」も掲示されている。シングルが増え、一人所帯用の商品の開発力が最近のベンチャーの決め手なのだ。でも、今日の独子は、大きな鯛を一尾買った。コレクティブハウスの仲間たちと、週一度の共同夕食会を開く日なのだ。独子は十年前に離婚した。

DY034_L