最近の結婚

■シナリオ二OXX年結婚を選んだ合子の場合
六月のある朝。今日は合子と結太郎の結婚登録日だ。最近の結婚は愛し合ったからする、というものではない。好きで一緒に住むカップルは多いが、役所で結婚登録にまで及ぶのは、一緒に子どもを育てようという申し合わせのできたカップルがほとんどだ。男女の賃金水準がほぼ並び、二十世紀型の「一家の世帯主の男性だけに賃金を多めに支給する」といった賃金の形は姿を消した。男性社員が極端な長時間働いて一家を「養う」といった慣行もなくなり、男性と女性が同じ程度に働く時間と家事時間を分け合ったことから、一人あたりの標準労働時間は大幅に短くなった。一人食べていくならそれで十分だが、子どもができれば、その養育費と育てるための時間が必要だ。子どもを育てる分のお金を働き出すには、二人の養育者がそれぞれお金と時間を均等に出し合う方が楽、という判断が働くようになった。まず相手がいないと、何もできないので、ここ→結婚相談所 比較 で相手を探してください。結婚は、男女が子どもを育てていくために、どのような条件で共同生活をするかの契約に変化したのだった。こうした合意がうまく成立せず、一人で子どもを育てることになった男女は、一定以下の収入しかないことを示す収入証明書を出せば、国の出す児童手当が増額される。なかには増額された児童手当がほしいために、未婚のまま同居するカップルも出て、政府は対策を検討中だが、多くのカップルは届けを出す方を選ぶ。

結婚契約書

子どもを一緒に育てる契約を結んでおけば、どちらかが契約を破棄した場合、養育費の支払いと取り立てが執行できるという利点があるためだ。合子の結婚はこれで二度目だ。五年前の離婚まで、合子は専業主婦だった。会社での仕事に疲れて、しばらくは家庭で家事と育児だけをやってみたい、と考えたからだ。出会いはここ→出逢いがない 社会人 に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。結婚契約書には、結婚後、財産は別産制でいくか、共有財産制でいくかの選択肢があり、当時の合子夫婦は共有財産制に○をつけた。しかし、家事と育児に専従しているうちに、仕事に熱を入れる夫との共通の話題がなくなっていった。離婚のとき、子どもは経済力のある夫が引き取った。財産は共有制を選んだのだが、いざ配分となると、専業主婦の平均家事時間を家事サービス産業の従業員の平均時給に換算した額しか認められなかった。合子の場合は、夫の資産の三五%程度にしかならなかった。合子は「働き続けていれば、私だって夫の収入の七割ぐらいの額は稼いでいたのに」と不満だった。再就職には、直前まで従事していた仕事の資格証明が必要だ。退職のときに資格認定試験を受けておけば、再就職のときは、その級にあった採用試験が行われ、合格すれば、資格認定にもとづいた基本賃金が保証される。失業中は国が運営する技能訓練の講座を無料で受ける制度もある。しかし、主婦業に明け暮れていた合子は、こうした訓練も受けていなかった。

DY072_L

結婚しても退職しない

ブランクがたたって、もとの級に見合った採用試験には及第せず、二つ下の級からの採用になった。「これからは、結婚しても退職しない。疲れたら休職制度を利用して休んで、働き続けないと大損してしまう」と合子は決意した。結太郎と結婚する気になったのは、恋愛中に妊娠したことがひとつ、さらに結婚しても互いに働き続け、財産は別産制でいこうという点で合意できたからだった・生活費や教育費は収入に合わせ比例配分に、育児・家事時間は等分にすることで契約書を取り交わした。万一どちらかの家事時間が長すぎて持ち出しになった場合は、時間の少なかった方がその分を、家事サービス業者の料金に換算した額で支払う。これらの条件については、五年後に協議のうえ見直すことも可能という条項を入れた。役所の窓口で担当者が、契約書の必要事項をひとつひとつ点検する。「書類としては完壁です。双方とも内容に異論はありませんね」担当者が確認のサインをし、二人の結婚手続きは終わった。素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。
今夜は、ごく親しい友人や親たちと小さなパーティーを開く。結婚祝い、というより、関係者みんなで、生まれてくる子どものための養育条件を確認し、助け合いのネットワークを組織する会、といった方がいいかもしれない。「この条件で、この先何年、契約が続くかしらね」。二人は顔を見合わせて、にっこり笑った。●結婚のリスクとは?

DY071_L

結婚のリスク

これまでの未来図は、結婚というものがはらむリスクをはっきりさせ、解決方法としてどんなものがあるかを考えてみたものです。合子の例は、最初の結婚で、自発的とはいえ、①お金の入る仕事をやめ、離婚時にその期間に失った利益を取り戻そうとしたものの、②失った利益に届かない額を確保したにとどまり、③家事・育児に専念しているうちに仕事の熟練度も落ちて、④再就職では二ランクも下がったところから再出発をしなければならなくなりました。「玉のこし」などといわれて、結婚は女性のランクアップの好機のようにいわれていますが、実はこれだけの「損失の機会」もあるわけです。合子の場合は、妻の無償労働による貢献度を、離婚時の財産分与に反映する仕組みのある未来社会でしたから、三五%は確保できました。先の民法改正案では、夫婦の離婚時の財産分与は半分を原則とする、とありましたので、これが通って二十一世紀まで続けば、合子の取り分は五○%になる可能性もありますが、いずれにせよ、家事に専念してただ働きを続けた時期の損失分をどう回復するかについて、仕事をやめて結婚する人は考えておく必要があるでしょう。もう一つのリスクは、お金をもらえる仕事から離れている間に、熟練度はどんどん落ち、再就職の必要ができたときには使いものにならないということ、さらに、仮に技能が保たれていても証明する指標がない、ということです。相性が合う結婚相手をでみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。

DY061_L

結婚の精神的なメリット

合子のいる社会では資格認定試験という客観的な指標がありますが、現在の社会では、性別と年齢だけで門前払いというケースも少なくありません。三十五歳以上の女性の就職が難しいといわれるのは、仮に技能があっても、年齢や性別を超えて考慮してくれるような採用方法が確立されていないからです。こんな状態で、夫が失業したり、別の女性と再婚しようとしたりしたら、日々の暮らしにさえ困る事態になりかねません。働き続ける女性の場合も、家事や育児を一方的に押しつけられれば、お金をもらう仕事にかける時間が大幅に制約され、昇格などで差がついて、やはり損失を受けることになる可能性があります。経済的側面だけを取り上げても、これだけのリスクがあるわけで、まして、暴力をふるう夫かもしれない、などのリスクも考えると、かなりのリスク回避策を考えておくことが大切です。もし、あなたが恋愛向きなら、←ここで将来の結婚に向けて経験値を増やしましょう。男性の側にとってもリスクは少なくありません。家事や育児を女性が黙ってこなす時代が終わりをつげ、女性の側からの突き上げも強まっているのに、多くの会社ではいまだに「家事や育児は私事」とする姿勢を変えていません。真面目な男性は板挟みになりがちです。九七年の出生動向基本調査で、二十五歳から二十九歳の男性の四割強が「まだ結婚するつもりがない」と回答しているのも、わかる気がします。とはいえ、「気の合った異性と自分の巣をつくりたい」とか「子育てを好きな異性と楽しみたい」とか、結婚の精神的なメリットに期待する男女も、また後を絶たないでしょう。

DY064_L

かつての結婚

リスクをこうしたメリットに変えるには、少なくとも、合子と結太郎のように、財産や生活方針などについて、話し合って決められるぐらいの人を選ぶことが必要でしょう。かつて結婚は、「愛し合った男女の究極のゴール」でした。おとぎ話は、お姫様と王子様が結婚すれば、それで終わりです。しかし、結婚の正念場は、結婚した後にやってきます。一緒に暮らすことで、何をしたいのか、ある程度イメージできるような関係であることが必要でしょう。とはいえ、男性の側は、リスクの負担度が女性よりは少ない(最低限仕事を失ったりすることは少ない)ですから、リスクの管理方法についてあまり深く考えないことも多いでしょう。ここは女性の側が自己責任でリスク管理をする、ということが必要かもしれません。そのポイントは次の通りです。
◎結婚のリスク管理のためのレシピ…………………………………………………………
最近まで若い女性の夫選びの条件は、背丈、収入、学歴が高い「三高」といわれていました。しかし、結婚にともなうリスクの管理には「COOPERATIVE」(協力的)、「COMFORTABLE」(居心地がいい)、「COMMUNICABLE」(意思を疎通しあえる)の「3C」が必要です。出会いはここに→いくらでもあるけど、出会った人といつまでも仲良くいられるかはあなた次第です。結婚したらいきなり家事・育児だけ、自分ではお金も稼げない、とか、仕事と家事の二重負担で性格がどんどん暗くなる、といった事態にならないためには、家事や育児をある程度負担してもいいという協力への意思(と能力)のある相手が必要です。

DY065_L

居心地の良い相手

また、一人暮らしの気楽さを上回る快適さを共同生活でも確保するには、居心地のいい相手で、意思を通じ合えることも重要です。ハンサムや長身は、友人に自慢するためのアクセサリーには最適ですが、日常生活での使い勝手がいいとは限りません。学歴や収入のいい男性も、会社への過剰適応が激しく、雑事をすべて妻に押しつけたりしがちです。その結果、仕事に全力投球できた夫の収入が増えても、妻の取り分が増えるとは限りませんし、夫の会社が倒産すれば、元も子もありません。昔、男たちは「美人は三日で飽きる、不美人は三日で慣れる」といって遠見より居心地の良い女性と連れ添うことを奨励しました。女もその知恵を学び、身近な「居心地のいい男」をさがしましょう。結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。もちろん3Cで三高なら、それはそれで結構なことです。結婚したら家事と仕事を「両立」しなければ、という言葉は、これまで何人の女性を苦しめてきたでしょう。「両立」は二つの異なる分野に片足ずつかけて、めいっぱい頑張るやり方です。一方「マネジメント」は、どちらも同じ平面の仕事ととらえ、それを上手に効率的に組み合わせて運営するという管理職の発想です。両立という発想では、一人で抱え込んでへとへとになるだけですが、マネジメントととらえれば、家事の分量を割り出して家族に分配し、早く、少ない労力ですませるという発想が出てきます。マネジメントのためには、スケジュール管理が第一歩です。

DY051_L

専業主婦の妻

記入する手帳は、できる限り二十四時間のものを用意し、仕事の約束だけでなく、睡眠、美容院通い、食事づくり、学校や保育園の父母会などのスケジュールをすべて書き込みましょう。会社の仕事だけでない「正味の仕事量」が見えてきます。二十四時間に入り切らないときは、夫に頼み、家計が許せば一部「外注」します。自分なりの優先順位をつけ、次の日に回せるものは回し、ときにはやめてしまうことも必要です。先に述べた時間管理の参考書による学習は、ここでも役立ちます。結婚は生活の共有部分が増えるので、つい財産までも共有と錯覚しがちです。でも、日本の法律では、財産は個人に属するものとされています。「生きがい」の項でも述べたように、収入のない家事専業の妻が夫の財産を分与してもらおうとすれば、贈与税がかかることもあります。自分個人の収支についての家計簿と財産目録をつくり、自分個人の収入源も増やしていきましょう。離婚などで家庭を解散するときに「こんなはずではなかった」と思う妻は少なくないのです。若い女性が結婚したいと願う理由でしばしば見られるのは、親から、会社から、逃げたいという衝動です。結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。でも、結婚してみればすぐ分かりますが、離れたいと思うような親は、結婚したくらいでは離れません。会社から逃げようとしても、「会社員の妻として奉仕せよ」という別の形の会社支配の下に置かれることも少なくありません。動機をしっかり点検しましょう。

DY041_L

どうしても結婚したい

3Cではないがどうしても結婚したい(またはしてしまった)という場合もあるでしょう。その際には、夫の協力なしで家事や育児をこなすために、役立つものを総動員しましょう。家事代行会社、ベビーシッター、親、保育園など、助けになるものはすべてリストアップします。これらの組み合わせ方で、いくらかかるかを試算して、収入に見合ったパターンをつくってみましょう。3Cでない夫に「手伝ってくれない」とイライラをぶつけても、消耗するだけです。3Cでないなら離婚の可能性も高いですから、仕事はやめてはいけません。離婚後に困るのは目に見えています。3Cでない夫を持った人が仕事を続けることは大変ですが、人生の勉強料とでも思って、頑張るしかありません。ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。最初の熱が冷めるのを待って、離婚を含めた次の人生の準備を始めましょう。「ウーン、今日は生きのいい一人用切り身がいっぱい出てるな」。仕事帰り、フリーランサーの独子は、商店街の魚屋の店先をのぞいた。八○年代ごろから商店街の衰退が話題になったが、最近では、その後にひと工夫で生き残った優良商店街が人気だ。この魚屋は、インターネットにホームページをつくり、「本日の売れ筋魚」を広告している。そこには、必ず「本日のシングル世帯お勧め魚」も掲示されている。シングルが増え、一人所帯用の商品の開発力が最近のベンチャーの決め手なのだ。でも、今日の独子は、大きな鯛を一尾買った。コレクティブハウスの仲間たちと、週一度の共同夕食会を開く日なのだ。独子は十年前に離婚した。

DY034_L

共同生活

幼い娘を引き取り、独子は三人の女友達と二人の男友達で共同生活をするためのコレクティブハウスをつくった。共同出資で、マンションのように各部屋は独立しているが、大きな共通キッチンがひとつ。それぞれの部屋にも中程度のキッチンと風呂がついていて、普段は一人ですませる。「でも、おでんとか、鍋ものとか、一度にたくさんつくった方がおいしいものもあるよね」と共同生活者の一人で教師の友子がいい出した。友子は小さい息子がいるシングルマザーだ。以来、週一回程度、時間のあいた日に、みんなで「大家族風料理」をつくって食べることになった。友子は最近、勤め先の私立学校が少子化のあおりで閉校し、今は失業手当をもらって次の勤め先を探している。「どうせたくさんつくるんだから」と五人にいわれ、友子は次の仕事がみつかるまでは食費免除になった。「仕事なくすとさ、なんだか自信なくなっちゃうね」と友子は落ちこんでいる。「いいじゃない。友子がいるだけで、みんな元気になれるんだから」と友子の隣の部屋を占める隣子が励ます。「そうだ、しばらくうちの娘に勉強教えてやってよ。ここんとこ忙しくなって、勉強みてやれないから。授業料はずむよ」と独子が提案し、友子は独子の娘とその近所の友達を集めて、小規模の塾を始めた。面倒見が良いオンナはモテます。あなたも←ここで頑張ってパートナーを見つけましょう。隣子は近く、ハウスの住人の男性の一人、融造と事実婚をしたくなったといって、共同生活を離れるが、独子の仕事仲間が二人、離婚し、その後に同居する予定だ。

DY053_L